血管との関係 -コラーゲン情報の館 〜その効果とは〜-



血管との関係


コラーゲンは人間の体にとって大切な成分である、ということがわかり
ました。細胞同士をつなぐだけでなく、組織自体も作ってくれる働き
があるので、若々しい肌を保ったり、骨や関節、髪の毛などをいい
状態に保ってくれるために重要な役割を果たしていました。
でも、実はコラーゲンはそれだけではなく、血管のためにも大きな役割
を果たしているのです。その働きについては知っていますか。

血管は人間にとってはもちろん大切な部位です。これが丈夫で健康に
保たれていないと、血管が傷つきやすくなるので、外から細菌などが侵入
してしまうことにもなりかねません。
また、血管の傷をふさぐ働きが衰えてしまうことで、コレステロールなど
も侵入しやすくなってしまうのです。侵入したコレステロールは血管内で
固まり、血管を圧迫したりしてしまいます。これにより、中からも血管を
傷つけてしまうので、脳出血などの血液疾患を起こす原因になってしまう
のです。コラーゲンは体の組織を作る大切な成分でもありますが、それだけ
ではなく、血管も作っている成分です。ですから、コラーゲンが不足すれ
ば、骨や髪の毛、肌などに問題が生じるだけではなく、血液疾患を招く、
という重大な症状を引き起こしてしまうことがあるのです。
そうなると、外から不足したコラーゲンを補うことは大切なことだとわかる
のではないでしょうか。

血管を丈夫にし、血液疾患を招くことのないように、日ごろから不足した
コラーゲンは意識的に補うように心がけましょう。

当サイト人気コンテンツ


   ★ 必要性を考える
   ★ 効果はあるの?
   ★ 便利なドリンク
   ★ 副作用はあるの?