必要性を考える -コラーゲン情報の館 〜その効果とは〜-



必要性を考える


人間の体は多くのたんぱく質で作られており、その中には大量のコラー
ゲンが含まれている、ということがわかっています。私たちの体の中で
皮膚もたんぱく質でできていますが、表皮、真皮、皮下組織から成り
立っている私たちの皮膚の中で、中心になるのは真皮の部分です。
実はこの真皮の部分を作っているのは、ほとんどがコラーゲンなのです。
ですから、ここにコラーゲンが不足すると、細胞同士の結びつきがスムーズ
に行かなくなり、細胞との間に水分を蓄える部分が狭くなってしまうので、
皮膚の保湿効果が下がってしまうことがわかっています。

これは、お肌の水分を失うこと、つまり、皮膚がかさかさになることにつな
がってしまうのです。また、コラーゲンは、多くの組織を作る原料にもなっ
ています。たとえば髪の毛、たとえば骨、というように、人間にとって大切
な組織を作ってくれているのです。ですから、それが不足すると、髪の毛に
つやがなくなってしまったり、骨同士をつなげる関節が痛んだり、骨粗しょう
症などになってしまうのです。人間の体を衰えさせず、若く保つためにも、
コラーゲンは人間に必要な成分である、ということがわかりますね。

ですから、コラーゲンは人間にとって、豊富にあってほしい成分、ということ
になりますが、加齢とともに減少することがわかっているので、その分を補う、
ということを意識的にする必要があるのです。補ってあげることで、古い物を
排出し、新しいコラーゲンを常に補い、新たに組織を作ったりすることができ
ます。

当サイト人気コンテンツ


   ★ 必要性を考える
   ★ 効果はあるの?
   ★ 便利なドリンク
   ★ 副作用はあるの?